❤︎出会い❤︎

七年ほど前の事。
私は道に迷い、どうすれば善いのかわからなかった。
その時だった。

「そこのアナタ!」

声が聞こえ、振り向くと金髪で青目のとても可愛らしい女の子が居た。
年齢はわからない。でも、同い歳くらいだ。

私は周りを見渡してから、自分の事を指さした。
女の子は大きく頷いた。

「私はエリス。アナタ、名前は?」

「私は…」

自分の名前がわからなくなる。
なぜかは分からない。思い出せなかった。

「思い出せないの?アナタ、どこから来たの?」

自分の名前も分からない。
どこから来たのかも…

「覚えてない…」

私が泣きそうになった時、エリスと名乗った女の子は抱き締めてくれた。

「大丈夫よ。私と一緒に来てくれたらきっと、リンタロウが何とかしてくれるわ。」

知らない子に着いて行くのは気が引けたけど、頼るしかなかった。
頷くと、遠くの方から声が聞こえた。

「エリスちゃあああん!どこだい!?」

大きな声だった。私は思わず肩を揺らす。

「どうしたの?」

エリスちゃんはきょとんとしていた。

「エリスさん」

「さん付けは厭よ。」

「じゃあ…エリスちゃん。」

そう言うとエリスちゃんは嬉しそうに笑った。

「エリスちゃんの事、探している人が居てる。声がする。」

「本当?丁度良かったわ。でも…私には聞こえないから連れてって。」

聞こえない…?
凄い勢いで叫んで探してるのに…?

そう言えば、周りにはそれっぽい人は居ない。

「じゃあ、着いてきて。私がその人の所まで連れて行く。」

「お願いね!」

エリスちゃんはそう言うと、私の手を握った。
二人で手を繋いで声が聞こえる方向に暫く歩いて居ると、その人は居た。

「エリスちゃあああん!」

エリスちゃんを見つけるとすぐに駆け寄って抱き締めて居た。

「心配したんだよ、エリスちゃん!」

エリスちゃんは溜息を吐いた。
黒の肩程度の髪に紫色の目の男の人。

「おや、君は…」

その男の人は私の方を見た。
私はお辞儀をした。

「リンタロウ。この子、記憶が無いの。」

この人がさっきエリスちゃんが言っていた人か…

「何か身分証みたいなのは持っていないかい?」

私は首を左右に振る。

「困ったねぇ…」

男の人は悩み出す。
私が心配になっていると、エリスちゃんが手を握ってくれた。

「私に着いておいで。」

男の人は私の頭を撫でて、そう言った。
私は二人に着いて行くことにした。
.
.
私はエリスちゃんが着ているような服に着替えさせられた。

「名前がわからないと不便だねぇ。…そうだ、私が考えて上げよう。善いかね?」

私は頷いた。
二人は、色々と考え始めた。

「るな…るなはどうだい?君にぴったりだと思うのだけど。」

「私も善いと思うわ!どうかしら?」

るな…私は名前なんてどうでも良かった。
二人の嬉しそうな顔。それで心が温かくなった。

私が頷くと、リンタロウは腕を広げた。

「おいで、るなちゃん。」

私がどうすれば良いのか戸惑っていると、エリスちゃんが私の背中を押した。

私はリンタロウに抱き締められる。

「心配かも知れないけれど、大丈夫だからね。」

とても落ち着く声だった。
私は少しして眠ってしまった。


❤︎告白❤︎

出会って数年が経って、私は首領の秘書になって居た。

「るなちゃん、少し善いかな。」

「どうしました?」

私は首領が異性として好きだった。
でも、首領の守備範囲は12歳以下まで…
だから私は諦める事にした。
諦めて、いつもの様に一緒に過ごす事を選んだ。

「私は…どうやら、君の事が好きらしい。」

「勿論、恋愛的な意味でね。」

私は頭が真っ白になった。
心臓が煩い。

「私は本気だよ。本当は諦める心算だったけれど…無理だった。」

眉を下げて首領は笑った。
厭なら断っても善いから、と言われた。

「…私も、好きです。」

漸く出た言葉。

「それは、恋愛的な意味で?」

確認するように言われる。
私は頷いた。

首領に優しく抱き締められる。
私も首領の背中に腕を回した。

「大切にするよ。」

首領は私に優しく接吻した。

ーー貴方との幸せが永く続きますように。